topnewscolumnhistoryspecialf-cafeabout 2002wBBSmail tolink
 webnews 05/12/08 (木) <前へ次へindexへ>
鹿島久しぶりの勝利 優勝は逃すも来シーズンへ繋げる
2005Jリーグ ディビジョン1 第34節 鹿島アントラーズvs.柏レイソル

2005年12月3日(土)14:04キックオフ カシマスタジアム 観衆:23,851人 天候:晴
試合結果/鹿島アントラーズ4−0柏レイソル(前2−0、2−0)
得点経過/[鹿島]野沢(7分)、アレックス・ミネイロ(44分)、野沢(53分)、本田(79分)


文/片桐弥生

 ホームで迎えた最終節。鹿島は優勝への可能性を残して柏を迎えた。第13節には2位に勝ち点10差をつけてトップだっただけに、現在の状況はジリ貧の印象はぬぐえないが、しぶとく引分けて勝ち点1を積み重ねてきたから、首位セレッソとの勝ち点差が2にとどまっていたのも確か。奇跡を信じるサポーターも多いが、そのためには、この試合を勝利して他の試合結果を待つしかない。

 対する柏は、既に入れ替え戦への出場が決まっており、その準備のためか、出場停止の増田に加え、若干メンバーを変更してリーグ最終戦に臨む。リーグ最終戦を勝利で終えたい気持ちはあるが、それよりも4日後に控えた入れ替え戦を見据えた試合がしたいというのが本音。モチベーションをどう上げていくか苦労するだろうと戦前から予想がついた。



 前半開始直後、柏の矢野・クレーベルらが、前線からボールにプレッシャーをかける。しかし、これに落ち着いて対応した鹿島は、逆に高い位置から効果的にプレスをかけてボールを奪うと、DFラインの裏、あるいはサイドのスペースを意識してボールを回す。フリーでスペースに走り込む深井。そして、本山の鋭いクロスや、野沢のシュート等、鹿島の攻勢が続く。

 そして鹿島の先制点は7分。深井からアレックスと縦パスをつないで柏の守備陣を崩し、最後はDFの裏へ抜け出した野沢へ。GKとの1対1の決定的な場面から落ち着いてゴールネットを揺らした。その後も柏はマイボールからのミスが多く、鹿島が簡単にボールを取り返し攻め続ける。柏にもCKからの得点チャンスが2、3度あったが、これをゴールに結び付けられず。そして、ロスタイムに本山がうまく落としたボールをアレックスがミドルで叩き込み、鹿島が2−0とリードを広げて前半が終了した。

 ハーフタイムに、浦和が新潟を2−0でリードしていることがスタジアムにアナウンスされる。この段階で浦和が首位。鹿島が優勝するためには、浦和との得失点差6を埋めなければならない。しかし可能性がある限り戦うのがプロ。鹿島イレブンは大量得点を目指してピッチへ戻る。



 柏は、後半開始から大野を下げて宇野沢を投入する。おそらく入れ替え戦を見据えての交代なのだろう。そして、この交代で柏は攻撃のリズムは更に悪くなる。そんな柏に対して、鹿島は小笠原の右サイドからのボールを野沢がうまく流し込み3点目。まだ53分、鹿島はさらに攻撃を仕掛けるべく、深井から増田、本山から鈴木とメンバーを交代する。しかし、鹿島も思ったように攻撃が作れない。深井を下げたことが、結果的にリズムを膠着させることになってしまったようだ。

 鹿島がようやくゴールネットを揺らしたのは79分。小笠原からの縦パスをうまく抜け出しペナルティエリアで受けた野沢が平山に倒されてPKを得る。ここでセレーゾはフェルナンドに代えて本田を投入。PKを本田に蹴らせた。本田はもともとPKが非常にうまい選手。この大事な場面のファーストタッチもきっちりと決めた。本田にとって13年目のシーズン。このゴールには本田の去就が見えてくるようで内心複雑な思いもした観客も多かったろう。

 結局、このまま4−0で試合終了。終了後スクリーンにガンバの遠藤が喜んでいる姿が映し出される。鹿島は求められた勝利は手にしたが、残念ながら優勝には手が届かなかった。セレモニー開始前の準備時に新井場と岩政がフィールドコートのフードを目深にかぶり泣いているように見える。優勝するために鹿島へ移籍した新井場。二年後古巣のガンバに優勝されさぞ悔しかったことだろう。その気持ちを忘れずにプレーでもう一皮むけてほしい。



 ホーム最終戦のセレモニーで、トニーニョ・セレーゾ監督が別れの挨拶をしようとしながら言葉につまり、涙する姿がスクリーンに映される。その姿に、本当に情に厚い人だったと改めて思う。相手チームを貶める発言は決してせず敬意に満ちている。そうしたところも人間として愛されているのだろう。辞任のシーンでサポーターから胴上げされる監督も珍しい。「セレーゾのために」。選手も、スタッフも、サポーターも、この言葉を胸にリーグ優勝に賭けてきた。でもまだ天皇杯が残っている。追加点がとれない、守りきれない等々、課題は多くある。しかし、最後の最後に有終の美を飾ってくれることを期待したい。

 さて敗れた柏。4日後には不本意ながら2年連続で出場することになった入れ替え戦が控えている。対戦相手は、J2最終節で京都に勝って3位の座を手に入れた甲府だ。レッドカードを受けた平山が出場できないことに併せて、今日の戦いぶりからすると、厳しい戦いを覚悟しなければならないかもしれない。しかし、増田、土屋、明神らが加われば、チームの安定感も増すはず。結果は「神のみぞ知る」だが、悔いのない戦いをしてほしい。


(鹿島アントラーズ) (柏レイソル)
GK: 曽ヶ端準 GK: 南雄太
DF: 名良橋晃 岩政大樹 大岩剛 新井場徹 DF: 薩川了洋 波戸康広 永田充
MF: 小笠原満男 フェルナンド(78分/本田泰人) 本山雅志(68分/鈴木隆行) 深井正樹(61分/増田誓志) MF: 小林亮 大谷秀和 小林祐三(64分/柳澤隼) 大野敏隆(45分/宇野沢祐次) 平山智規
FW: 野沢拓也 アレックス・ミネイロ FW: 矢野貴章(74分/李忠成) クレーベル
<前へ次へindexへ>
topnewscolumnhistoryspecialf-cafeabout 2002wBBSmail tolink
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO